ソフトウェアの使い方

起動画面
スタート
「圧着ハガキメーカー」を起動すると、左図の画面が開きます。
[圧着ハガキメーカー]ボタンまたは[前回と同じ設定で実行]ボタンをクリックします。

レイアウト選択画面
レイアウト選択
印刷レイアウトを設定します。
一覧の中からお好みのレイアウトをお選びください。

各種設定画面
各種設定 基本情報タブ
自社情報を設定できます。

各種設定画面 印刷情報1タブ
各種設定 印刷情報1タブ
宛名面に関する印刷設定を行います。
※圧着ハガキの開き方が選択できるのは、仕上がりサイズがA4、A5のもののみです。
通常圧着ハガキの場合、右開き・上開きのレイアウトで印刷されます。

各種設定画面 印刷情報2タブ
各種設定 印刷情報2タブ
印刷内容に関する設定を行います。
印刷レイアウトは、圧着ハガキメーカー案内ページの印刷レイアウトをご覧ください。

データ選択画面
データ選択
宛先データを設定します。
圧着ハガキメーカーでは、弥生販売7〜10、PCA商魂8〜9、商奉行iに対応しています。
上記ソフトウェアから出力したデータを使用する場合、それぞれ該当するシステム種別を選択してください。

項目の割付画面
項目の割付
データ選択画面の[システム種別]で「その他」を選択した場合のみ、データの関連付けを行います。
詳細な割付方法は、項目の割付手順ページをご覧ください。

データ一覧画面
データ一覧
印刷を行う得意先データ(宛先データ)の一覧画面です。
「印刷」の列にチェックが入っているものが印刷されます。チェックを外すと、印刷から除外されます。
なお、何らかの理由でエラーが発生したデータは赤文字で表示され、印刷することができません。

ハガキ表示画面
ハガキ表示
最終的な印刷プレビューを行います。
内容に問題がなければ[印刷]ボタンをクリックしてください。印刷設定ダイアログが表示されます。
[控え印刷]ボタンをクリックすると、印刷データの控えを作成することができます。控え印刷では、印刷物に「控え」の文字が入ります。

印刷設定ダイアログ
印刷設定ダイアログ
印刷ボタンをクリックすると、印刷が始まります。

オンラインショップ

お電話でのお問い合わせはこちら

ダウンロード

ハガキ請求書.jp

車検案内ハガキ.jp


ページのトップへ